CloudStack Collaboration Conference Europe 2014 参加リポート その1

この記事はCloudStack Advent Calendar 2014 の1日目として作成しました。

11/19-21に開催された、CloudStack Collaboration Conference Europe 2014(CCCEU14)に参加してきましたので、当日の様子をお伝えします。

今回の開催地はハンガリーの首都ブダペスト。
余談ですが、ブダペストにはごちうさの聖地があるそうですよ。>電○大のみなさん

てっきりハンガリーは東欧かと思っていたのですが、現在の区分では中欧。日本からの直行便は無いので、今回はヘルシンキ(フィンランド)経由で行きました。ヘルシンキまで10時間、そこから2時間ちょっとでブダペストです。
ハンガリーの場所

目的地であるブダペストはドナウ川の両岸に広がるハンガリー最大の都市で、西岸のブダと東岸のペストが合併して出来た都市です。ドナウ川周辺は世界文化遺産に登録されており、西岸には宮殿が、東岸には古い町並みが広がる大変美しいところでした。
ドナウ川沿いの風景

CCCEU14はApache Software Foundation(ASF)の年次イベントであるApacheCon EuropeおよびCassandra Daysとの同時開催でした。ASF傘下にはHTTP Server, Tomcat, Hadoop, Cassandra, OpenOfficeなどもありますので、ヨーロッパを中心に多くの技術者が集まりました。今回の開催地となったのはこちらのCorinthia Hotel Budapest。
Corinthia Hotel Budapest

イベント初日は初心者向けのブートキャンプやTutorial(ハンズオンセミナー的なもの)がいくつか開催されており、黙々と作業するのがメイン。イベント的には2日目からが本番という雰囲気です。キーノートセッションも2日目のAM。Apache CloudStack Projectを中心となって回しているメンバーから、世界の事例やコミュニティについて紹介されました。

オープニングセッションでは、ShapeBlueのGiles Sirettから日本CloudStackユーザー会の活動が紹介されました。イベント、勉強会、執筆活動などをアクティブに行っているユーザー会とのことです。
JCSUGの紹介

続いては現Apache CloudStack ProjectのV.P.であるHugo Trippersの登場。Hugoは元々SDN連携のコミッターで、3月に日本で開催したCloudStack Dayにも登壇してくれました。
Hugo Trippers

Pulling Back the Curtain – CloudStack in Private and Community Clouds from Chip Childers
プライベートクラウドの事例としては前V.P.のChip Childersから北海道大学の事例が紹介されました。Chipは今年3月に日本で開催したCloudStack Dayのキーノートセッションにも登壇してくれたので、日本でもご存じの方は多いかと思います。Hokkaido Univ.

続いてCitrixのOSSチームからSebastienが登場。パブリッククラウド事例を紹介しました。 写真、ちょうどGilesの陰に…orz
Sebastien
ここまで紹介して、まだオープニング~キーノートが終わったところ。AM10:30ぐらい。
大まかな印象ですが、Apache CloudStack Project全体がベンダー色よりもユーザー色が強いような印象を受けました。登壇しているDeveloperも「自分たちが欲しかったから、こんな機能を追加したぜ」という人たちが多いです。規模や勢いとしてはOpenStackに及びませんが、コミュニティの方向性や雰囲気に好感を持てました。
OpenStackとの違いとして、OSSとしてのディストリビューションが1つ、商用ディストリビューションも1つ(Citrix CloudPlatform)という状況で、細分化していません(厳密にはマイナーなものがあるようですが)のも、このようなノリになっている一因かもしれません。
写真ばっかりですが長くなってきたので、ここから先はまた次回紹介したいと思います。
Cake
Tweet about this on TwitterShare on Facebook41