オープンソースカンファレンス 2013 .Enterprise

このエントリは、CloudStack Advent Calendar:2013 12月14日分のエントリです。

いちおうユーザー会副会長の島崎@シトリックス です。

12/14は渋谷のTKP渋谷カンファレンスセンターで、オープンソースカンファレンス 2013 .Enterpriseが開催されました。私たち日本CloudStackユーザー会も参加し、今年7回目のOSC出展となりました。日本CloudStackユーザー会からは会長の輿水さんが参戦。(私はCitrixとして出展していたので、ユーザー会の様子は見守るのみ)

普段、OSCは土曜開催のことが多いですが、今回は”.Enterprise”というテーマなので、企業やエンタープライズ寄りの技術を扱うコミュニティが参加していました。↓の写真は開場直後の様子なのでまだ空いていますが、午後のセッションの合間にはかなりたくさんの人が行き交っていて盛況な様子でした。主催者速報では400人ぐらいの来場だったそうです。

展示会場

ブースでは毎回、書籍『CloudStack徹底入門』の見本を展示しています。日本CloudStackユーザー会のメンバーで執筆して今年1月に発売しました。私は全体の原稿取りまとめと一部の執筆を担当したのですが、Apache CloudStack 4.0-incubatingのリリース時期などにも翻弄されながらも、それなりに納得できる形に作り上げた一冊です。

JCSUG展示ブース

隣はCitrixのブース。CloudStackの商用版、Citrix CloudPlatformのデモを行っていました。
Citrixブース

セッションはApache CloudStackとユーザー会についての紹介でした。OSCは基本的に初心者向けの内容でまとめているので、このような機会にCloudStackに興味を持った方が、よりディープな情報を求めてユーザー会の勉強会などにも参加して頂けると嬉しいなと思っています。
※当日の資料が公開されたらURLを貼ります。

JCSUGセッション

同じ部屋の次のセッションはCitrix。オープンソースのHypervisorであるXenServerと、CloudStackの商用版であるCitrix CloudPlatformとApache CloudStackの違いについて解説しました。

Citrixセッション

懇親会は大盛り上がりで約100名が集まっていたそうです。お酒を片手に交流させて頂きました。Microsoftのクラウディアさんもサンタ衣装で登場!大盛り上がりのじゃんけん大会が開催されました。私はあっさり敗退…。

懇親会

来年のOSC 2014 Tokyo/Springは約100回目のOSC(カウントしていいのか微妙な開催もあるので”約”だそうな。)とのことです。日本CloudStackユーザー会の運営メンバーの多くが、来年3月6日開催するCloudStack Dayの運営委員にもなっていますが、イベントを準備する大変さが身に染みているところです。これだけの回数、継続的にイベントを開催してきたことは本当にすごいと思います。

ひとまず今回のOSCで、2013年中のユーザー会関連イベントは終わりましたが、来年早々にもCloudStackユーザー会の勉強会を開催する予定です。久しぶりの開催になりますので、みなさまお楽しみに!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook41