CloudStack 4.5.2 + CentOS 7.1 構築手順(ベータ版)

こんにちは、@giraffeforestg です。

CloudStack 4.5.2 + CentOS 7.1 の1ノード構成の構築手順をUPしました。
本家サイトで正式構築手順が公開されていないようなので、とりあえず動いた手順を書いています。
また、エラーをスクリプトを編集といった対処で回避している為、とりあえずCentOS7で動かしてみたいというケースを想定しています。

※初心者の方、安定動作を望む方はCentOS6を使用した方が良いです。

http://www.slideshare.net/SatoruNakaya/apache-cloudstack-gettingstarted-advancedzone-centos7-beta

ポイント:
・リポジトリは ShapeBlue 社のものを使用する(公式にはまだない)
 http://packages.shapeblue.com/cloudstack/upstream/centos7/4.5
・NIC名を旧CentOSのフォーマットに変更する
 例:ens32 → eth0 [CLOUDSTACK-8838]
・firewalldの代わりにiptables-servicesを使用する
・mysql-serverの代わりにmariadb-serverを使用する(CentOS7標準)
・cloudstack-setup-database実行前に[CLOUDSTACK-8212]と[https://github.com/apache/cloudstack/pull/757/files]をチェックする
・VMが起動しないなら[CLOUDSTACK-8443]をチェックする

Tweet about this on TwitterShare on Facebook41