CloudStack 4.5.2 + CentOS 7.1 構築手順(ベータ版)

こんにちは、@giraffeforestg です。

CloudStack 4.5.2 + CentOS 7.1 の1ノード構成の構築手順をUPしました。
本家サイトで正式構築手順が公開されていないようなので、とりあえず動いた手順を書いています。
また、エラーをスクリプトを編集といった対処で回避している為、とりあえずCentOS7で動かしてみたいというケースを想定しています。

※初心者の方、安定動作を望む方はCentOS6を使用した方が良いです。

http://www.slideshare.net/SatoruNakaya/apache-cloudstack-gettingstarted-advancedzone-centos7-beta

ポイント:
・リポジトリは ShapeBlue 社のものを使用する(公式にはまだない)
 http://packages.shapeblue.com/cloudstack/upstream/centos7/4.5
・NIC名を旧CentOSのフォーマットに変更する
 例:ens32 → eth0 [CLOUDSTACK-8838]
・firewalldの代わりにiptables-servicesを使用する
・mysql-serverの代わりにmariadb-serverを使用する(CentOS7標準)
・cloudstack-setup-database実行前に[CLOUDSTACK-8212]と[https://github.com/apache/cloudstack/pull/757/files]をチェックする
・VMが起動しないなら[CLOUDSTACK-8443]をチェックする

Tweet about this on TwitterShare on Facebook41
カテゴリー tips

XenServerのHotfix[XS61E040]に関する注意

CloudStack + XenServer 6.1 で利用している場合
XenServerのHotfix[XS61E040]を適応するには注意が必要です。

CloudStackはXenServer内のファイル[NFSSR.py]を置き換えて使用していますが
Hotfix[XS61E040]を適応することで
[NFSSR.py]がXenServerオリジナルのファイルに戻ってしまいます。
そうなるとXenServerからNFSストレージが利用できなくなってしまい,
たとえば以下現象が発生します。

・CloudStackのNFSプライマリストレージ接続不可
・CloudStackのスナップショット機能利用不可

その他にも影響があるかもしれません。

この状態からリカバリするには
CloudStackが提供するファイル[NFSSR.py]に再度手動で置き換える必要があります。
CloudStack 4.2.1の場合はこちら,
/usr/share/cloudstack-common/scripts/vm/hypervisor/xenserver/xenserver60/NFSSR.py

このファイルをXenServerの
/opt/xensource/sm/NFSSR.py
と置き換えた後に,
XenServerでxe-toolstack-restartを実行してください。

詳しくはこちら:

[cloudstack-users:0433] Re: 【質問】定期スナップショット失敗について
http://ml.cloudstack.jp/pipermail/users/2015/000432.html

Citrix Support XenServe 6.1 Hotfix XS61E040
http://support.citrix.com/article/CTX141044

Citrix Support Unable to add XenServer to CloudPlatform because of NFS SR Failure
http://support.citrix.com/article/CTX138152

CloudStack JIRA(バグ管理システム)
https://issues.apache.org/jira/browse/CLOUDSTACK-8367

Tweet about this on TwitterShare on Facebook41
カテゴリー tips

Apache CloudStack インストールのコツ

どうしてもcloudstack-managementサーバのインストールがうまくいかない場合に参考となるTipsをまとめてみました。以下記事はApache CloudStack バージョン4.4系をCentOS6.Xにインストールすることを想定しています。

cloudstackバージョン4.4からはJava 1.7系が必要となっていますのでご注意ください。
また,検証環境で構築する場合でもFQDNでの名前解決が必要になります。これはhostsファイルでも構いません。
OSのデフォルトゲートウェイも必ず設定してください。

CloudStack インストールのコツ(1)
基本に戻って
CloudStack インストールマニュアルを熟読してみる。
英語なのでちょっと敷居が高いですが
がんばってコマンドを中心にみてみる。
http://docs.cloudstack.apache.org/projects/cloudstack-installation/en/latest/installation.html
また,昔の日本語訳されたドキュメントを参考にみてみる。
http://cloudstack.apache.org/docs/ja-JP/Apache_CloudStack/4.1.1/html/Installation_Guide/index.html

CloudStack インストールのコツ(2)
事前準備:

hostname --fqdn

でFQDNつきホスト名が表示されること
DNSサーバがない場合はhostsに書けばOK

CloudStack インストールのコツ(3)

事前準備:
SELINUXがpermissiveかdisabledになっていること
※SELINUXの設定変更後はOSをrebootすること

CloudStack インストールのコツ(4)
事前準備:
初心者は複数NIC/複数IPアドレス構成で構築せず
単一NIC,単一IPアドレスで構築したほうが吉。

CloudStack インストールのコツ(5)
事前準備:
管理サーバのデフォルトゲートウェイは必ず設定すること。
設定しないとCloudStackのWebUIにログインできない。
https://groups.google.com/forum/#!msg/cloudstack-ja/nYwueZdof0A/ql8CgTytf_EJ

CloudStack インストールのコツ(6)
CloudStack 4.4系ではJava 1.7系が必要。
http://cloudstack-release-notes.readthedocs.org/en/latest/about.html#java-version-upgraded-to-java-1-7

java -version

で1.7系が利用されていることを確認
OS同梱のOpenJDKで良い。

CloudStack インストールのコツ(7)

cloudstack-setup-databases cloud:mysqlのcloudユーザに設定したいパスワード@localhost --deploy-as=root:mysqlのrootユーザに設定したパスワード

CloudStack インストールのコツ(8)

cloudstack-setup-databases

の実行時にDB作成エラーが発生してないか,コンソールに表示されるログをじっくり目視。

CloudStack インストールのコツ(9)

cloudstack-setup-management

の実行を忘れずに。

CloudStack インストールのコツ(10)
インストールをやりなおす場合
消せるならDBもまるごと消した方が楽
・cloudstack-*を停止してからアンインストール
・mysql-serverを停止してからアンインストール
・/var/lib/mysqlを削除

CloudStack インストールのコツ(11)
気軽にメーリングリストに相談してみる。
日本CloudStackユーザー会メーリングリスト
http://cloudstack.jp/?page_id=30
http://ml.cloudstack.jp/mailman/listinfo/users
以下を伝えよう。
・使用しているApache CloudStackのバージョン
・使用しているcloudstack-managementサーバのOS種別・バージョン
・使用しているハイパーバイザの種別・バージョン
・質問内容(XXXをやりたい。XXXをやったらこうなった等)をなるべく詳しく,具体的に。

CloudStack インストールのコツ(12)
mysql-serverの設定を忘れずに。

vi /etc/my.cnf

[mysqld]
 :
innodb_rollback_on_timeout=1
innodb_lock_wait_timeout=600
max_connections=350
log-bin=mysql-bin
binlog-format = 'ROW'
 :

CloudStack インストールのコツ(13)
SystemVMテンプレートはCloudStackのバージョンにあわせたものを使おう。
SystemVMテンプレートのダウンロードURLはインストールマニュアルに記載あり。
使用するハイパーバイザ毎に異なるので,その点もご注意。
例:
4.4.Xの場合
http://cloudstack.apt-get.eu/systemvm/4.4/systemvm64template-4.4.1-7-kvm.qcow2.bz2
4.3.Xの場合
http://download.cloud.com/templates/4.3/systemvm64template-2014-06-23-master-kvm.qcow2.bz2

CloudStack インストールのコツ(14)
ファイアウォールのポート解放忘れにご注意。

CloudStack インストールのコツ(15)
NFSプライマリストレージ,セカンダリストレージが利用できない場合は
まずは手動でNFSマウントを試してみて切り分けしよう。

CloudStack インストールのコツ(16)
ログをじっくり眺めよう。

tail -f /var/log/cloudstack/management/management-server.log

CloudStack インストールのコツ(17)
古いバージョンを使用する場合は
catalina.out
のパーミッションを確認しよう。
https://groups.google.com/forum/#!topic/cloudstack-ja/ZWiPXWuQzmg

CloudStack インストールのコツ(18)
入門者向けCloudStack構築解説〜マシン1つからはじめてみよう!〜
http://www.slideshare.net/SatoruNakaya/cloudstackgettingstartednakaya20150116

Tweet about this on TwitterShare on Facebook41
カテゴリー tips

Apache CloudStack 4.4.1 がリリースされました

Apache CloudStack 4.4.1 がリリースされました。
リリースノートはこちら
http://docs.cloudstack.apache.org/projects/cloudstack-release-notes/en/4.4.1/index.html

ACS4.4.1-01

ACS4.4.1-02

Apache CloudStack 4.4.0では機能の改善,バグの修正の他,新機能が実装されており
4.4.1ではさらに機能の改善,バグが修正されています。

What’s New in 4.4
・Java version upgraded to Java 1.7
・Support managed storage for root disks
・Root disk resize
・Per primary Storage OverProvisioning
・VMWare Support for DRS
・Region wide Guest networks and VPC
・Virtual Router Service Failure Alerting
・Distributed routing and network ACL with OVS plug-in
・Hyper-V support improvements
  Zone Wide Primary Store in Hyper-V
  VPC support on Hyper-V
  Storage Live-Migration support for Hyper-V

ユーザ会資料
Midori Oge / ApacheCloudStack 4.4 新機能紹介
http://www.slideshare.net/star76/20140801-cloud-stack
Satoru Nakaya / Apache CloudStack 4.4 New features of VPC
http://www.slideshare.net/SatoruNakaya/cloudstack-usersgroup21nakaya20140912

4.4.0から4.4.1へのバージョンアップに際しての注意!
環境によると思いますが私は4.4.0から4.4.1にバージョンアップ後に
CloudStack UIが表示されなくなってしまいました。
以下のように404エラー表示。
ACS441-03-404
私の環境においては4.4.1の新規インストールは問題ありませんでした。
バージョンアップをする際には実施前にバックアップを取得しましょう。
本件はJIRAに登録しました。
https://issues.apache.org/jira/browse/CLOUDSTACK-7789
↑対処方法がわかりました。詳しくはblogへ。

なお,Apache CloudStack 4.3.0のバグ修正版が施されたApache CloudStack 4.3.1もリリースされています。
http://cloudstack-release-notes-ja.readthedocs.org/ja/4.3/about.html

Posted by @giraffeforestg

Tweet about this on TwitterShare on Facebook41