第17回 CloudStack 勉強会 in 東京

 

CloudStackは、IaaS型クラウドを実現するソフトウェアとして、多くのクラウド事業者や 北海道大学アカデミッククラウド をはじめとした学術機関などで実績があるソフトウェアです。 5/20-22に開催されるLinuxCon/CloudOpen Japan開催に併せて、第17回ユーザー会を開催します。
今回は初心者の方にも優しいコンテンツをご用意しました!

申し込みはこちらから
http://atnd.org/events/50662

IMG 4130

  —

日時

2014年5月20日 (火) 19:00 ~ 21:00 (開場 18:30)

主催

一般社団法人クラウド利用促進機構
日本CloudStackユーザー会

参加費

無料
※ 懇親会については参加費として1000円を頂戴致しますのでご了承ください。

会場

IDCフロンティア カスタマーソリューションセンター
http://www.idcf.jp/company/info/office/shinjuku.html 
東京都新宿区四谷4-29 
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 大木戸門(2番)出口を出て四谷方面に徒歩5分
※ 当日は入館申請のため、名刺またはお名前・連絡先の記載が 必要となります。手続きの効率化のため名刺を是非ご持参ください。 

プログラム

  • CloudStack概要・再入門~いまさら聞けない!?CloudStackとは~ by 三島 匡史 (30 min)
  • CloudStack Collaboration Conference North America 2014 参加報告 by 輿水 万友美 (10 min)
  • アカウント登録/削除Webアプリケーションを作ってみた by 中島 拓真 (15 min)
  • 休憩 (10 min)
  • CloudStack上へのデスクトップ仮想化環境の展開 ~Citrix XenDesktop Cloud Provisioning on CloudStack~ by 島崎 聡史 (15 min)
  • パネルディスカッション ~CloudStackとOpenStackは何がどう違うの?~ by 真壁 徹 (日本OpenStack ユーザ会), 輿水 万友美, 島崎 聡史 (40 min

懇親会 

★★★セミナー終了後に懇親会を予定しています★★★
ピザとドリンクをご用意しております。 同会場にてそのまま続けて行いますので、初めての方もお気軽にご参加ください!
※ 懇親会については参加費として1000円を頂戴致しますのでご了承ください。 


 

【事前登録開始】CloudStack Day Japan 2014

3月6日(木)お茶の水ソラシティカンファレンスセンターにて、
CloudStack Day Japan 2014が開催されます。

国内のCloudStackに関わる企業・団体、またはそれらに所属する個人が一堂に会し、加速的にデファクト化するクラウドOSの実情や、クラウドエコシステムの製品、技術、サービス等における進化についてご紹介します!

CloudStack Day Japan 2014 事前登録はこちらから
CloudStack Day Japan 2014

CloudStack on XenServer on VMWare Fusion on MacBook Air

12月にはいって、CloudStack Advent Calendar jp 2013のネタ作りに、家にもCloudStackの環境を作ろうと思い、MacBook Airで作ってみました。その時の環境を思い出しながら晒してみたいと思います。

ここでは、CloudStack実践ガイド前編 に沿って、Apache CloudStack 4.3の環境を構築します。Kindle版で購入し、タブレットで見ながら構築していく事をおすすめします。
ただし、CloudStack実践ガイド前編は、Apache CloudStack 4.1をベースにしている点と、ハイパーバイザーにKVMを使用している点と、ここではVMWare Fusion内に環境を構築しようとしている点が異なりますので、その辺りはこのblogを参照するといいでしょう。
あわせて、
きりんメモ@GIFUstar76.jpが非常に参考になりますので、こちらもブックマークしておきましょう。

スクリーンショット 2013-12-03 23.11.55.png

たくさんの方が、MBA + VirtualBoxでdevcloud環境を作っていると思いますが、こちらの環境は少し違います。

VMWare FUSION

VirtualBoxのユーザービリティがあまり好きでなかったのと、6、7年前まではVMWare Workstationを使っていたので、VMWare FUSIONを使う事にしました。オンラインストアで、6,800円で購入できすぐに使い始める事ができます。

XenServer

また、ハイパーバイザーにKVMを使っている方が多いかと思いますが、XenServerの方が扱いなれているので、この環境ではXenServerを使いました。

開発環境

開発環境は、かみさんのMBAを汚すと怒られるので、CentOS (仮想マシン)に作成します。


環境構成図


作成手順

MBA側の最低限の設定 (MBA 10.8.5 + VMWare FUSION 5.0.3)

VMWare FUSIONのインストール
オンラインストアから購入、ダウンロード。59.99ドルです。

ターミナルを美しく
Mac Terminal のカラー設定をSolarized にする を参考に、ターミナルを美しくします。

各仮想マシンの設定やビルドなどは、ほぼすべてMBAのターミナルからSSHで接続し作業する事になりますので、ターミナルを使い勝手よくしておく事はとても重要です。(笑)

VMWare FUSIONのNATネットワークでDHCPを無効にする
VMware FUSION4で使うIPアドレスを固定したい などを参考に、DHCPを無効にし、固定IPを設定します。(各仮想マシンの作成が終了してから、固定IPを割り振る形でもいいかと)


開発/NFS/Repoサーバー(CentOS 6.3)

RAM: 2G, Disk: 240G

今回は、MBAのメモリが8Gなので、このサーバーに、NFSサーバー、RPM Repo、wget、Gitなどの開発環境を作成しました。

この辺りの記録が残っておらず、詳細ステップ等はかけません。

構築手順は、基本的にきりんメモ@GIFUstar76.jpCloudStack実践ガイド前編 (1,800円)を参考にするといいでしょう。但し、KVMをベースにしている情報が多いので、XenServerを使用した場合は、KVMで必要な作業は必要ありません。

Note: 私の環境では、ビルド時にSNMP AlertでFailする事がありました。こちらは、ビルド環境(CentOS 6.3)のdns関連の設定を正しく行っていた事に起因したようです。users@cloudstack.apache.orgでもレポートされていた問題と同じでした。

Note: 環境が出来上がったあと、cloudmonekyというコマンドラインツールをこちらに入れておくと重宝するでしょう。cloudmonkeyのインストールはとても簡単です。細かい説明は、UI*TBApache CloudStack Wiki を参考にするといいでしょう。

wget https://bitbucket.org/pypa/setuptools/raw/bootstrap/ez_setup.py -O – | python
python ez_setup.py
tar xvf setuptools-1.4.2.tar.gz
cd setuptools-1.4.2
easy_install cloudmonkey
set hogehoge #設定

管理サーバー(CentOS 6.3 + Apache CloudStack 4.3)

RAM: 2G, Disk: 20G

管理サーバーと、上記サーバーを兼任させたかったのですが、問題の切り分け等を考えて分けました。

構築手順は、基本的にきりんメモ@GIFUstar76.jpCloudStack実践ガイド前編 (1,800円)を参考にするといいでしょう。但し、KVMをベースにしている情報が多いので、XenServerを使用した場合は、KVMで必要な作業は必要ありません。

Note: ホストにXenServerを使用する場合は、ホストを登録する前に、vhd-utilを管理サーバーにコピーしておく必要があります。きりんメモ@GIFU を参考ください。

Note: Usage Server(利用率ログを収集)を使う場合は別途インストールする必要があります。

yum -y install cloudstack-usage
Global設定の調整
service cloudstack-management restart
service cloudstack-usage restart

ホスト(XenServer 6.2)

RAM: 4G, Disk: 20G

2013年6月に、XenServerは、完全オープンソース化されました。xenserver.org よりXenServerのISOをダウンロードし、VMWare FUSIONで、ESXのテンプレートを使用し、仮想XenServerを作成します。Citrix XenServerの有償機能(XenServer HA、Storage XenMotionなど)のほぼすべてを利用可能になりました。パッチ(Hotfix)の適用だけがコマンドラインで行う必要があります。

VMWare FUSION – ファイル – 新規 – ディスクを使用せずに続行 – オペレーティングシステムのインストールディスクまたはイメージの使用で、xenserverのISOを選択 – オペレーティングシステム: VMWare ESX, バージョン VMWare ESXi 5 – 終了

メモリを4Gに変更しておくといいでしょう。


Windows 7(必要に応じて)

XenServerをUIから管理したい場合は、XenCenterというクライアントソフトウェアを使います。残念ながらWindows版しかないので、Win 7仮想マシンを用意しておきました。CloudStack環境では、ほとんどXenCenterは使いませんので、必要ないかもしれません。また、XenServerの管理はほぼすべてコマンドラインから行う事ができますので、XenServerになれている方は、同様に必要ないかもしれません。 XenCenterのインストーラーは、http://xenserver ip address/ にあります。


以上、ざっくりした説明になりましたが、参考になればと思います。
追加事項などあれば、随時アップデートしていきます。
また、なにかお気づきの点などがあれば、@kkitaseまで連絡いただければと思います。

CloudStack Collaboration Conference Summury Information

This is the summary information of CloudStack Collaboration Conference Europe 2013. If you find wrong sources, know blank sources or additional resources, please let @kkitase know.

Official website: http://www.cloudstackcollab.org/

Eventifiler: http://eventifier.co/event/ccceu13/videos

Twitter: #CCCEU13, @CCCEU13

Photos:
@mrhinkle’s flickr set
@kkitase’s flickr set
#CCCEU13 Photos – Day 1 #CloudStack
#CCCEU13 photos – Day 2 #CloudStack
#CCCEU13 photos – Day 3 #CloudStack

Videos:
Opening video
Closing video

Slides / Videos – 2013/11/21

+Welcome and Opening of the Conference – By Hugo Trippaers, chipchilders
slideshare, youtube

+Keynote – The Network – The Next Frontier for Devops? – By John Willis
slideshare, youtube

COM – Business model CloudStack – By Jules-Henri Gavetti
slideshare, youtube

+DevOps – Killing of the Dinosaurs – By Noel King, John Turner
slideshare, youtube

+DEV – SDN in CloudStack – By Hugo Trippaers
slideshare, youtube

+USR – From the Frontline – By Paul Angus
slideshare, youtube

+COM – Under the Hood: Network Virtualization with CloudStack & VMware NSX – By Andy Kennedy
slideshare, youtube

+DevOps – The Goat and Silo: What an Old Calculus Problem Can Teach Us about Instilling the Culture Required for Cloud – By Michael Ducy
slideshare, youtube

+DEV – VXLAN Integration with CloudStack Advanced Zone – By Yoshikazu Nojima
slideshare, youtube

+USR – Return on Experience on building Clouds with CloudStack – By Pierre Vacherand
slideshare, youtube

+COM – Intro to OpenContrail – fostering innovation in virtual networking – By Bruno Rijsman
slideshare, youtube

+DEV – Autoscale without Netscaler – By Paul Gosden, Nguyen Anh Tu
slideshare, youtube

+DevOps – Help me help you – By Steve Wilson
slideshare, youtube

+USR – How to use a Cloud – By Roeland Kuipers
slideshare, youtube

+DevOps – Ignite talks – By Kris Buytaert
slideshare, youtube

+COM – Exoscale: a swiss cloud provider built with cloudstack – By Antoine COETSIER
slideshare, youtube

+DevOps – Cloud Education – By Gregg Witkin
slideshare, youtube

+DEV – Talk on using Cloudstack through Vagrant for a speedy test environment – By Hugo Correia
slideshare, youtube

+USR – Best kept secret in the Cloud – By Mark R. Hinkle
slideshare, youtube

+COM – How and When to Cloudburst: Real-world Contention Management – By Aled Sage
slideshare, youtube

+DEV – Google Compute API – By Sebastien Goasguen, Ian Duffy
slideshare, youtube

+DevOps – The Future of SysAdmins – By Kris Buytaert
slideshare, youtube

+USR – Planning your successful Cloud – By Tim Mackey
slideshare, youtube

+COM – Monitoring CloudStack in context with Converged Infrastructure – By Mike Turnlund
slideshare, youtube

+DEV – Apache libcloud and Apache CloudStack – By Tomaž Muraus
slideshare, youtube

+Docker and Devops, By Mark Coleman
slideshare, youtube

3:00pm – 3:30pm     Effectenbeurs
+USR – Building AWS-Compatible Public Cloud Service – By Shinichiro Kashiwagi
slideshare, youtube

+COM – Enterprise IT Security, By Will Stevens
slideshare, youtube

+DEV – CloudStack Management Appliance – By Adam Grochowski
slideshare, youtube

+DEVOPS – Infrastructure in Code, By Pierre-Yves Ritschard
slideshare, youtube

+USR – Panel discussion on CloudStack, By Tryggvi Larusson, Perry Wald, Noel King, Len Bellemore, Aaron Delp, Giles Sirett
slideshare, youtube

+COM – Secure Cloud With Cisco Nexus 1000v Switch, Cisco VNMC, Cisco ASA 1000v Firewall, By Sailaja Mada
slideshare, youtube

+DEV – Fault tolerant and scalable CloudStack deployment using Regions, By Kishan Kavala
slideshare, youtube

+DevOps – Google Summer of Code, By Sebastien Goasguen
slideshare, youtube

+Keynote – The WHY of CloudStack, By Mark R. Hinkle
slideshare, youtube

+25 years of Internet in Amsterdam, By Henk Steenman
slideshare, youtube

+Why Amsterdam / Appsterdam ?, By Mike Lee
slideshare, youtube

Slides / Videos – 2013/11/22

+Keynote – Mark Burgess – Uncertain Cloud Infrastructures, By Mark Burgess
slideshare, youtube

+COM – It’s the App, Stupid ! – By Uri Cohen
slideshare, youtube

+DEV – NetApp Enterprise Storage Plug-In Implementation: A Complete Walkthrough, By David La Motta, Chris Suich
slideshare, youtube

+USR – Managing scalable infrastructure based on monitoring – By Naor Weissmann
slideshare, youtube

+COM – Deploy Cloudstack using Chef, By Pierre-Luc Dion
slideshare, youtube

+DEV – Future of CloudStack: modular, distributed, and hackable – By Darren Shepherd
slideshare, youtube

+USR – Odac – Improving the Operational User Experience for Large Scale Clouds – By chipchilders
slideshare, youtube

+COM – Better, Faster, Cheaper Infrastructure with Apache CloudStack and Riak CS, By Joel Jacobson
slideshare, youtube

+USR – CloudStack 101 – By Paul Angus
slideshare, youtube

+DEV – Panel with Darren, Hugo, Chip, By Hugo Trippaers, chipchilders, Darren Shepherd
slideshare, youtube

+COM – Guaranteed storage performance, By Mike Tutkowski
slideshare, youtube

+USR – Operate a CloudStack platform, By Loic Lambiel
slideshare, youtube

+DEV – Application blueprint for CloudStack, By Alex Heneveld
slideshare, youtube

+USR – Cloudstack and Ceph, By Wido den Hollander
slideshare, youtube

+USR – Introduction to CloudStack Networking – By Geoff Higginbottom
slideshare, youtube

+DEV – Multi-Cloud Automation in the cloud with open source SlipStream PaaS, By Marc-Elian Bégin
slideshare, youtube

+USR – CloudStack Networking Deep Dive – By chiradeep
slideshare, youtube

+USR – Storage panel, By Chris Suich, Tim Mackey, Richard Shaw, Aaron Delp, McClain Buggle, Tarkan Maner, Wido den Hollander, Anton Opgenoort
slideshare, youtube

+DEV – Deploying vApp with user-defined template, By Sateesh
slideshare, youtube

+USR – Production Network Manipulation & Schema Changes (4.1.1+) [KVM] – By Kelcey Damage
slideshare, youtube

+COM – Enhancing CloudStack OSS/BSS with Amysta, By Pierre Vacherand
slideshare, youtube

+DEV – How hypervisor selection can drive the capabilities of your cloud solution – By Tim Mackey
slideshare, youtube

+USR – Trading Compute Commodities with CloudStack, By Reuven Cohen
slideshare, youtube

+COM – working with the Cloudstack usage data – By Tariq Iqbal
slideshare, youtube

+DEV – How to add a new hypervisor to CloudStack: lessons learned from Hyper-V effort, By Donal Lafferty
slideshare, youtube

+USR – Lesson learns from Japan cloud trend – By Kimihiko Kitase
slideshare, youtube

+Keynote – Closing CCCEU13, By chipchilders, Hugo Trippaers
slideshare, youtube

オープンソースカンファレンス 2013 .Enterprise

このエントリは、CloudStack Advent Calendar:2013 12月14日分のエントリです。

いちおうユーザー会副会長の島崎@シトリックス です。

12/14は渋谷のTKP渋谷カンファレンスセンターで、オープンソースカンファレンス 2013 .Enterpriseが開催されました。私たち日本CloudStackユーザー会も参加し、今年7回目のOSC出展となりました。日本CloudStackユーザー会からは会長の輿水さんが参戦。(私はCitrixとして出展していたので、ユーザー会の様子は見守るのみ)

普段、OSCは土曜開催のことが多いですが、今回は”.Enterprise”というテーマなので、企業やエンタープライズ寄りの技術を扱うコミュニティが参加していました。↓の写真は開場直後の様子なのでまだ空いていますが、午後のセッションの合間にはかなりたくさんの人が行き交っていて盛況な様子でした。主催者速報では400人ぐらいの来場だったそうです。

展示会場

ブースでは毎回、書籍『CloudStack徹底入門』の見本を展示しています。日本CloudStackユーザー会のメンバーで執筆して今年1月に発売しました。私は全体の原稿取りまとめと一部の執筆を担当したのですが、Apache CloudStack 4.0-incubatingのリリース時期などにも翻弄されながらも、それなりに納得できる形に作り上げた一冊です。

JCSUG展示ブース

隣はCitrixのブース。CloudStackの商用版、Citrix CloudPlatformのデモを行っていました。
Citrixブース

セッションはApache CloudStackとユーザー会についての紹介でした。OSCは基本的に初心者向けの内容でまとめているので、このような機会にCloudStackに興味を持った方が、よりディープな情報を求めてユーザー会の勉強会などにも参加して頂けると嬉しいなと思っています。
※当日の資料が公開されたらURLを貼ります。

JCSUGセッション

同じ部屋の次のセッションはCitrix。オープンソースのHypervisorであるXenServerと、CloudStackの商用版であるCitrix CloudPlatformとApache CloudStackの違いについて解説しました。

Citrixセッション

懇親会は大盛り上がりで約100名が集まっていたそうです。お酒を片手に交流させて頂きました。Microsoftのクラウディアさんもサンタ衣装で登場!大盛り上がりのじゃんけん大会が開催されました。私はあっさり敗退…。

懇親会

来年のOSC 2014 Tokyo/Springは約100回目のOSC(カウントしていいのか微妙な開催もあるので”約”だそうな。)とのことです。日本CloudStackユーザー会の運営メンバーの多くが、来年3月6日開催するCloudStack Dayの運営委員にもなっていますが、イベントを準備する大変さが身に染みているところです。これだけの回数、継続的にイベントを開催してきたことは本当にすごいと思います。

ひとまず今回のOSCで、2013年中のユーザー会関連イベントは終わりましたが、来年早々にもCloudStackユーザー会の勉強会を開催する予定です。久しぶりの開催になりますので、みなさまお楽しみに!

Cloudstack collaboration conference – 2日目

このエントリは、CloudStack Advent Calendar jp: 2013 12月9日分のエントリです。


2日目といっても、1日目はハッカソンなどでしたので、本来このカンファレンスの1日目になります。

そんな2日目ですが、Chip Childers のキーノートで始まりました。Apache CloudStack 開発状況や、コミュニティーなどを話していましたが、その中でもうれしかったのは、2014年3月14日に行われる「CloudStack Day Japan 2014」の紹介があったことです。
Untitled

Chip Childersの次は、DevOps界の巨匠John Willisの、NetworkでもDevOpsが重要になってくるという話でした。重要性はわかりますが、Johnの話はあまり印象に残ってません^^;
Untitled

キーノートの後はそれぞれ部屋に分かれて興味のあるセッションを聞くことになりました。ここからは興味深いセッションの紹介をしていき対と思います。

Paul Angus – From the Frontline (youtube, slideshare)

Paulは、ShapeBlueという会社のCloud Architectです。ShapeBlueは米国を拠点とするSIerです。CloudStackを使ったクラウド基盤の構築を得意としているようです。
ここでは、そんなShapeBlueが手がけた!?クラウドのユースケースを紹介していました。

Trader Media

このTrader MediaはAutoTraderと呼ばれるオンラインで自動車を検索、購入できるサイトを運営しており、1000万ユニークユーザーのアクセス、8.3億のページビューがあるとか。こちらのサイトでCloudStackを構築中との事。このサイト、よくありがちですが、1日のトラフィックが一定ではなく、ピークが夕方~夜にくるようです。
こちらのクラウド基盤はこのような構成をしているとの事。興味深い点は、MySQLのReplicationとして、Galera Clusterを使っていることでしょうか。

また、クラウドバースト対策としてRightScaleを利用して、AWSでもバースト時のインスタンスを展開できるようにしているとの事。いわゆるZyngaモデルですね。

Paddy Power

アイルランドにある出版社とのことです。(ホームページをみるとオンラインで競艇や競馬などのベッティングシステムを提供しているように見えますが)
Paddy PowerはCloudStackを使って、システムの展開を迅速に行いたかったとの事。そこで、ShapeBlueは様々なアプリケーションテンプレートを作成したとの事です。
また、Paddy PowerはNetFlexのChaos Monkeyのコンセプトのファンだったという事で、Chaos Monkeyのように恣意的にいくつかのインスタンスを落としてシステムが継続的に実行できるかを確かめるような方法もとっているとの事です。
さらに、開発環境から、本番環境に迅速に以降するための方法として、開発環境では、仮想ネットワークアプライアンスを利用して、コンフィグレーションをそのまま利用できるようにしたとの事でした。

Yoshikazu Nojima – VXLAN Integration with CloudStack Advanced Zone (youtube, slideshare)

こちらは、NTT Communicationsの安達さんとVerioの能島さんによるセッションです。最初に足立さんによるNTT Communicationsのクラウドの紹介がありました。さすが、世界のNTT Communications (ノ*゚o゚)ノ オォォォ!!
次に、能島さんによる、現在進めているCloudStackでのVXLANの実装についての解説がありました。

Lunch

この日から、展示もオープンしていました。広い会場の真ん中に簡単なランチが出されて周りを取り囲む形で、各スポンサーが展示を行っていました。

Lunch in the Big Hall

ランチの後は、Hugo CorreiaのTalk on using Cloudstack through Vagrant for a speedy test environment (youtube, slideshare) やAled SageのHow and When to Cloudburst: Real-world Contention (youbube, slideshare)などを聞いてました。HugoのセッションはVagrantと言う開発環境構成ツールの話で、Aledの話は、brooklynとよばれる自動化ツールの話でした。このCloudStack Collaboration Conferenceの特徴でもあるのですが、DevOps系のセッションが非常に多かったです。Chef, Vagrant, jcloud, Ansibleなどなど。

Shinichiro Kashiwagi – Building AWS-Compatible Public Cloud Service    (youtube, slideshare)

こちらは、NTT Communicationsの柏木さんによるセッションです。Cloudnでの経験を元にAWS互換クラウドの構築方法を解説されていました。CloudPlatform (CloudStack)にはAWS EC2に相当する機能があり、AWS API互換も提供しているが、その他については、自分で実装するか、エコシステムの製品を利用する必要があるという事について解説されていました。

  • Compute: CloudPlatform (CloudStack) 3.0.6を利用。CloudPlatformのAWS API互換機能も利用
  • LB:  CloudPlatform (CloudStack)のLBには、LBのAWS API互換機能がないため、自社で実装
  • Dynamic DNS: 同じく、 CloudPlatform (CloudStack)のDNSには、LBのAWS API互換機能がないため、自社でRoute 53 互換APIをもつDNSを実装
  • Monitoring:  同じく、 AWS CloudWatch 互換APIをもつ、監視機能を実装
  • AutoScale: NetScalerが必須であったため、自社で実装
  • Provisioning: 自社で実装
  • Object Storage: Cloudian Object Storageを使い実装
  • RDS: MySQLベース。AWS RDS互換APIも実装
  • PaaS: CloudFoundaryをIaaS上に提供

Dinner

展示ブースがあった会場でのディナーで、合間にスポンサーの方々が簡単なLTをしたり、最後にShapeBlueの人がCloudStack Songを歌ったりしていました。さっくり終わって、後はいける人で飲みに行くという感じでした。

Evening Event held by IamAmsterdam
<2日目のDinner>

2U Raspberry Pi carrier
<CloudStack on Raspberry PI>

以上

Splunkを使ったCloudStackのログ解析入門

このエントリは、CloudStack Advent Calendar jp: 2013 12月7日分のエントリです。


みなさまは、CloudStackのログをどのように解析していますか?

管理者ガイドにも下記のような記載がありますが、lessコマンド、grepコマンドを駆使し、解析していくのが一般的です。

CloudStack では、ジョブ ID を使用して要求を処理します。ログでエラーを発見して問題をデバッグしたい場合は、管理サーバーロ グ中のジョブ ID を grep で検索します。たとえば、次のエラーメッセージを発見したとします。

010-10-04 13:49:32,595 ERROR [cloud.vm.UserVmManagerImpl] (Job-Executor-11:job-1076) Unable to find any host for [User|i-8-42-VM-untagged

ジョブ ID が 1076 であることに注意してください。次の grep 検索によって、ジョブ 1076 に関連するイベントを追跡することができます。

grep “job-1076)” management-server.log

目grepの達人になると、ログを一瞬みただけで、どこでなにが起きているか分かると言います。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

私も含め、普段そんなにログと接してない人には、なかなか、達人の域に達する事は難しいので、ここでは、最近はやりのビッグデーター解析ツールSplunkをつかって、CloudStackのログを解析してみる事にします。

まず、Splunkをダウンロードします。私は、management server (centos 6.3)にインストールするので、splunk-6.0-182037-linux-2.6-x86_64.rpmを選びました。

rpm -i splunk-6.0-182037-linux-2.6-x86_64.rpm
cd /opt/splunk/bin/
./splunk start

http://management server:8000/ にアクセスし、First time signing inをクリックし、アカウントの設定を行います。

最初に、Manage inputs > データの追加 > または、データソースを選択してください ファイルとディレクトリから > サーバーを参照で、
/var/log/cloudstack/management/management-server.log を選択します。
続行ソースタイプの選択 > 既存のソースタイプの適用 > log4j を選択し、続行。
さらに、保存他のデータを追加で、同様にapilog.logも追加しておくだけで準備完了!
サーチを開始し、Data Summury > ホスト名を選択すると、ログが表示されます。

サーチフィールドで、様々なキーワードを使ってサーチ可能です。例えば、下記は、listvpcs APIを実行した時のログを、listvpcsでフィルタし表示したときの結果です。いいなと思ったのは、management-server.logとapilog.logが時系列に並んでいるところです。

その他にも、チャートなども表示できるようですが、Splunkのコマンドをあまり知らないので、どなたか教えてください (;^_^A アセアセ・・

また、Splunk DB Connectorを使えば、MySQLに接続し、データを可視化する事も可能みたいです。CloudStack Usage Serverをインストールし、設定しておけば、このDB Connectorで、インスタンスやテンプレートの使用率などをチャートで表示できるかもしれません。また、機会があれば試してみたいとおもいます。

Splunk DB Connectorのインストール手順


参考資料

http://ja.splunk.com/goto/book

Cloudstack collaboration conference – 1日目

このエントリは、CloudStack Advent Calendar jp: 2013 12月1日分のエントリです。


11月20日〜22日、オランダのアムステルダムで、3回目のCloudStackの国際カンファレンスCloudStack Collaboration Conference (CCCEU13)が開かれました。ヨーロッパでは初の開催になりました。Beurs van Berlageというカンファレンスセンターで行いましたが、この建物は、世界初の証券取引所であったという事もあり、歴史ある雰囲気で、狭い廊下、煉瓦、ステンドグラスなどが印象的でした。

会場のBeurs van Berlage
Untitled

このイベントは、普段CloudStackに関わっている人達のコラボレーションが目的で、世界中から500名くらいの参加がありました。約80もの様々なセッションがあり、開発、DevOps、事例、コミュニティ、ワークショップなどのカテゴリに分かれていました。日本人の参加は6名あり、そのうち4名がセッションスピーカーでした。

今回の日本人参加者(講師)達
Untitled
左からNTT Communications安達氏、Verio 能島氏、Citrix 今井氏、NetOne Systems 千葉氏

11月19日(火) – 前夜祭

@CCCEU13 (CloudStack Collaboration Conference Europe 2013公式Twitterアカウント) によれば、色々なバーで前夜祭が行われていたようですが、私はアムステルダムについたのが夜10時を過ぎていたので、参加しませんでした。聞くところによると、夜中3時くらいまで飲み歩いていたようです。

今回CCCEU13のお薦めホテル
Untitled

11月20日(1日目)

最初に、Chip Childersの挨拶の後、各部屋では、ワークショップが開催されました。私は、ChefとJenkinsのワークショップに参加しました。ワークショップにもよりますが、1、2時間程度で個人のPCを使って、与えられた課題を実際にやってみる形で行われていたようです。

Chip Childersの挨拶
Untitled

WS – Chef and CloudStack
Chefのワークショップでは、Chefの環境をセットアップし、knife-cloudstackの使い方を勉強しましたが、そもそもwifiが不安定にもかかわらず、参加者同時にダウンロードするのでさらに不安定という環境なので、必要なバイナリのダウンロードがなかなか進みませんでした。
講師がダウンロードし、参加者にバイナリを配布する方法を取ろうとするが、個人個人のPCが、Windows、Mac、Ubuntu、Debian、RedHat系と様々で、四苦八苦していました(笑
参加者は、そんな形のワークショップに慣れているのか、特に文句は言わず、それぞれの作業を行っていました。

Chefワークショップの様子
Untitled

WS – Workshop Jenkins
Jenkinsのワークショップでは、30くらいのJenkinsの環境が参加者用に準備されていて、それを使ってJenkinsの使い方を勉強しました。実際は、講師のオペレーションがあまりにも早く、ハンズアウトなどもないため、誰一人として、講師のオペレーションについていける人はいませんでしたが(笑
JenkinsのワークショップはCloudbeesという会社の方が行っていました。カンファレンスで聞いたのですが、Cloudbeesという会社は、Jenkinsの開発者である川口耕介氏がいる会社でもあり、JenkinsをベースとしたCIのホスティングサービスと、企業向けのJenkinsを提供している会社だということです。

Jenkinsワークショップの様子
Jenkins User Track at CloudStack Collaboration Conference

以上

11/16 OSC 2013 Fukuoka

オープンソースカンファレンス2013 Fukuoka – オープンソースの文化祭!

日本CloudStackユーザー会も以下の内容でセミナーを行います。

みなさまの参加をお待ちしております。

Cloud OS「Apache CloudStack」概要とお手軽に使ってみる方法
講師:大削 緑・輿水 万友美
・Apache CloudStack概要
・Apache CloudStack最新状況
・最新版Apache CloudStack 4.2をDevCloud2を使って触ってみる